D51とキハ183を保存、道の駅「あびらD51ステーション」オープン

ニュース画像:道の駅「あびらD51ステーション」イメージ - 「D51とキハ183を保存、道の駅「あびらD51ステーション」オープン」
道の駅「あびらD51ステーション」イメージ

©安平町

北海道安平町に2019年4月19日(金)、道の駅「あびらD51ステーション」がオープンしました。この施設は、ほかの道の駅と同様、地域の農産物直売所が設けられるほか、名前の通りD51形蒸気機関車の展示施設が設けられています。

展示施設には、小樽築港機関区や追分機関区で使用され、廃車後は安平鉄道資料館で保存されていたD51形320号機のほか、北海道鉄道観光資源研究会が行ったクラウドファンディングにより、保存されることが決まったスラントノーズ型キハ183形0番台「キハ183-214」や鉄道資料などが保存されます。ただし、2両の鉄道車両の輸送は2018年9月6日(木)に発生した北海道胆振東部地震の影響により遅れており、6月中旬に搬入される予定です。

道の駅「あびらD51ステーション」は道東自動車追分町インターチェンジから車で約3分走った国道234号沿いにあり、室蘭本線と石勝線の追分駅からも徒歩で約10分から15分の場所に所在します。展示施設の開館時間は、4月から10月までが9時から18時まで、11月から3月までが9時から17時までです。6月8日(土)までの期間、特別パネル展「北海道の鉄道のあゆみ」を開催しています。

期日: 2019/04/19から

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)