京阪三条駅、荷物預かりサービス「ecbo cloak」を導入

ニュース画像:ecbo cloakの利用イメージ - 「京阪三条駅、荷物預かりサービス「ecbo cloak」を導入」
ecbo cloakの利用イメージ

©ecbo

京阪電気鉄道、JR西日本、ecboの3社は2019年4月19日(金)、ecboが運営する荷物預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」の導入を、京都地区において、3社で協力しながら進めていくと発表しました。これは、京都での「手ぶら観光」を推進するためです。

「ecbo cloak」は、カフェや店舗などの空きスペースに 、コインロッカーと同料金で荷物を預けられるサービスです。スマートフォンから事前予約が可能で、予約時に登録したクレジットカードで決済できます。鉄道施設関連では、JR東日本の山手線の主要駅、JR西日本の京阪神の主要駅、西鉄の西鉄福岡(天神)駅隣接の商業ビルなどでサービスを展開しています。

今回、「ecbo cloak」の導入が決まったのは、京阪電鉄三条駅と、JR梅小路京都西駅最寄りの宿泊施設「FIRSTCABIN STATION 京都梅小路 RYOKAN」です。このうち、三条駅は4月23日(火)サービス開始で、4月20日(土)から予約を受け付けます。営業時間は10時から19時まで、水曜日と木曜日が定休日となります。

期日: 2019/04/20から

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)