門司港レトロ観光列車「潮風号」、4月27日に10周年記念式典を開催

門司港レトロ観光列車「潮風号」が2019年4月26日(金)、開業10周年を迎えます。これにあわせ、4月27日(土)に10周年記念式典が開催されます。

石灰石、セメントなどを積出港の田浦港へ運ぶため、門司港駅から和布刈公園を回り込み田浦港まで運行していた貨物線の臨港線が2005年に運休、これを観光列車としてレトロ地区と和布刈地区の移動を楽しくスムーズにしようと、トロッコ列車「潮風号」の走行がはじまりました。モダンでおしゃれなデザインを採用し、レトロをイメージする落ち着いた重厚な「青」で装い、小型のディーゼル機関車のDB-10がトロッコ客車2両をサンドイッチに挟んで走っています。

記念式典は九州鉄道記念館駅ホームで開催し、9時40分から主催者挨拶、9時45分からヘッドマーク除幕式、9時50分から限定100名に記念ノベルティを配布、10時から「潮風号」の始発列車を見送ります。この式典当日も、「潮風号」は通常通り運行する予定です。

期日: 2019/04/27

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ