京急、2019年度はホームドアを4駅に設置 鉄道事業の設備投資計画

ニュース画像:京急蒲田駅のホームドア - 「京急、2019年度はホームドアを4駅に設置 鉄道事業の設備投資計画」
京急蒲田駅のホームドア

©京急電鉄

京浜急行電鉄は2019年5月10日(金)、総額およそ271億円におよぶ2019年度鉄道事業設備投資計画を発表しました。このうち、安全対策関連は約229億円です。

ホームからの転落や列車との接触を防止するホームドアの設置工事には約38億円投資します。京急蒲田駅、京急川崎駅、横浜駅、上大岡駅にホームドアを設置、品川駅に固定柵を設置します。

雨天時の混雑緩和の混雑緩和を図り、ホームの上家延伸、安全性・利便性を図る駅改良工事の費用として約28億円を計上しています。具体的には、黄金町駅、追浜駅のホーム上屋延伸、金沢八景駅のホーム上屋の耐震化、羽田空港国内線ターミナルのエレベーター更新、大森海岸駅、京急鶴見駅、金沢八景駅、天空橋駅のエスカレーター更新、花月園前駅の駅舎改築、井土ヶ谷駅でホーム改修を行います。

そのほかの安全対策関連の事業として、新造車両と車両更新に約35億円、防災・地震対策に約18億円、連続立体交差化工事に約22億円、変電所・電気保安設備などの電気施設の更新・改良に約31億円、運行管理支援システム、工場、検車庫の改良・改修などその他の安全対策として約57億円を計上しています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ