虎ノ門駅に直結の再開発事業、「東京虎ノ門グローバルスクエア」に決定

ニュース画像:東京虎ノ門グローバルスクエア イメージ - 「虎ノ門駅に直結の再開発事業、「東京虎ノ門グローバルスクエア」に決定」
東京虎ノ門グローバルスクエア イメージ

©東京メトロ

東京地下鉄など6社が参画する虎ノ門駅前地区市街地再開発組合は、2019年5月15日(水)に銀座線の虎ノ門駅に直結する「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」に建設される施設の名称を「東京虎ノ門グローバルスクエア」に決定しました。虎ノ門駅前地区市街地再開発組合には、東京メトロのほか、森村不動産、不二屋ビルデング、日本土地建物、住友不動産、野村不動産が参画しています。

「東京虎ノ門グローバルスクエア」の名称は、国際都市として発展する虎ノ門にある同施設を、「人々が集まり、交流し、グローバルに発展・成長を遂げる拠点にしたい」という想いが込められています。開発地の敷地面積は約2,782平方メートル、延べ面積は約47,273平方メートルで、地上24階・地下3階の高さ約120メートルのビルが建設されます。主要用途は、事務所、店舗、駐車場などです。

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)