都電おもいで広場保存の5501号車、車両塗装を実施中 5月31日まで

東京都交通局は2019年5月31日(金)まで、「都電おもいで広場」に展示中に都電5500形「5501号」を車両塗装しています。作業中は、シートなどで覆っているため、外観を見学することができません。開場日は、車内を見学できます。

「都電おもいで広場」は、懐かしい停留場をイメージしたスペースに貴重な都電の旧型車両を展示する施設です。都電荒川線の荒川車庫前停留場を下車してすぐの場所にあります。開場時間は、振替休日を含む土曜・日曜・祝日の10時から16時までです。ただし、年末年始期間の12月29日から1月3日までは休場します。入場は無料です。

展示車両は、1954(昭和29)年にアメリカの技術を導入して製造された高性能路面電車「PCCカー」の5500形「5501号」と、1962(昭和37)年に製造され、晩年は荒川線で朝ラッシュ時の通学輸送に活躍し、 「学園号」の愛称で親しまれた7500形の未更新車「7504号」の2両です。

期日: 2019/05/15 〜 2019/05/31

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ