シーサイドライン金沢八景駅 1日平均乗車人員が1,000人増加

ニュース画像:金沢シーシドライン - 「シーサイドライン金沢八景駅 1日平均乗車人員が1,000人増加」
金沢シーシドライン

©RailLab ニュース

横浜シーサイドラインと横浜市道路局は2019年5月15日(水)に、シーサイドラインの金沢八景駅の1日あたりの乗車人員が1,000人以上増加したと発表しました。

増加したと発表されたのは、4月1日から4月30日まで1カ月間における1日平均乗車人員で、2018年が8,118人だったのに対し、2019年は9,188人と1,070人増加しました。増減率はプラス13.2パーセントです。このうち、約6割が八景島駅または市大医学部駅を利用しています。

増加の理由について両者は2019年3月31日(日)に、シーサイドラインの金沢八景駅が1989年の開業時より使用していた仮駅から、京急線の金沢八景駅に直結する本設駅まで延伸したことを要因として挙げています。

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)