リニア・鉄道館、N700系量産先行試作車を屋外展示 7月17日から

ニュース画像:展示イメージ - 「リニア・鉄道館、N700系量産先行試作車を屋外展示 7月17日から」
展示イメージ

©JR東海

名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の金城ふ頭駅から徒歩2分の「リニア・鉄道館」は、2019年7月17日(水)から、「N700系量産先行試作車」3両を新たに展示します。

リニア・鉄道館は、東海道新幹線を中心に「高速鉄道技術の進歩」を紹介する展示施設として2011年3月にオープンし、2019年4月までに来館者が累計485万人を超えました。現在、初代新幹線の0系をはじめ、歴代の新幹線を6形式10両展示しています。

新幹線7形式目の展示となる「N700系量産先行試作車(X0編成)」は、700系の次世代車両として、さらなる高速性と快適性、環境性能の向上を目指して、日本の新幹線で初めての「車体傾斜システム」などの試験を実施するために2005年3月に導入され、2007年7月の営業運転開始後は、東海道新幹線の時速285キロへのスピードアップに向けた試験など、累計約130万キロの試験走行を行いました。2009年9月には時速330キロの速度向上試験を実施し、N700S確認試験車の導入に伴い、2019年2月に試験車両としての役割を終えました。

展示は、「N700系量産先行試作車X0編成」16両のうち、1号車・8号車・14号車の3両を屋外に展示します。これまで屋外に展示していた車両と同様、常時車内の見学ができるほか、飲食も可能です。

なお、これまで屋外に展示していた117系電車は、3両のうち1両を収蔵車両エリアに移設して展示し、残る2両は展示を終了します。収蔵車両エリアにあるクロ381は、6月7日(金)をもって展示を終了します。

期日: 2019/07/17から

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)