熊本電鉄、車両引退に伴い「200形運転体験」実施へ 定員は計16名

熊本電気鉄道は2019年7月7日(日)、200形が7月30日(火)をもって引退することに伴い、「200形運転体験」を実施します。200形は、1969(昭和44)年に南海電鉄で製造され、その後熊本電鉄で約21年間用いられた車両です。

体験は午前と午後の計2回で、午前の部が9時から12時、午後の部が13時から16時30分に実施されます。対象は中学生以上で運転操作に支障のない方、定員は各8名、参加費は10,000円です。

当日は、事前講習、乗務講習、指導講習の後、運転を体験します。運転体験では、構内およそ90メートルを1人2往復します。参加者には特典として、熊本電鉄オリジナル終了証、200形ラバーキーホルダー、くまでんショップで使用可能な1,000円割引券が進呈されるほか、参加券を提示すると、電鉄電車が体験当日は乗り放題になります。

参加を希望する場合は、くまでんオンラインショップから申し込みできます。申し込みは5月28日(火)10時開始、定員に達し次第、受付終了となります。

期日: 2019/05/28 〜 2019/07/07

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ