盛岡市街地循環バス、odecaの実証実験 Suicaも利用可能

ニュース画像:odeca イメージ - 「盛岡市街地循環バス、odecaの実証実験  Suicaも利用可能」
odeca イメージ

©JR東日本 盛岡支社

JR東日本と岩手県のバス事業者である岩手県交通は、2019年6月1日(土)から盛岡中心市街地循環バス「でんでんむし」で、気仙沼線と大船渡線のBRTで導入しているICカード乗車券「odeca(オデカ)」の実証実験を行います。

この実験は、今後の岩手県内における交通系ICカードの本格導入に向け、知見を得る目的で実施されます。実験期間は2021年3月までの予定です。

岩手県交通の盛岡駅前バス案内所において、無記名式の「odeca」を発売し、「でんでんむし」の右回りおよび左回りで、乗り降りができるようにします。「odeca」の販売額は、チャージ額1,500円、デボジット500円の2,000円です。車内などでチャージが可能なほか、岩手県交通の本社では、「odeca」の障害時における再発行登録と再発行にも対応します。

「odeca」は、交通系ICカード全国相互利用サービス加盟各カードからの片利用に対応しており、同サービスに加盟している「Suica」、「Kitaca」、「PASMO」、「TOICA」、 「manaca」、「ICOCA」、「PiTaPa」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」でも、「でんでんむし」に乗車できます。

期日: 2019/06/01から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)