横須賀線のE217系を装飾、大船~横須賀間開業130周年記念の一環

ニュース画像:掲出位置とステッカーのイメージ - 「横須賀線のE217系を装飾、大船~横須賀間開業130周年記念の一環」
掲出位置とステッカーのイメージ

©JR東日本

JR東日本は2019年6月上旬以降、横須賀線で運行しているE217系の一部の編成に装飾を施します。これは6月16日(日)に横須賀線の大船~横須賀間が開業130周年を迎えることを記念して行う企画です。

装飾は、外観と吊り手に対して行います。外観に装飾を施す編成は、増1号車から増4号車で組成する付属編成の1本で、増1号車と増4号車の側面に「ありがとう横須賀線開業130周年」のデザインしたステッカーを掲出します。掲出期間は6月6日(木)以降9月下旬までの予定です。運行は、他の車両と共通で、横須賀線に加え、総武線快速、成田線、外房線、内房線でも運行に就きます。ただし、横須賀駅前のヴェルニー公園で、「よこすかYYのりものフェスタ2019」が開催される6月8日(土)と6月9日(日)は、逗子~久里浜間を中心に運行予定です。

吊り手の装飾も、増1号車から増4号車で組成されている付属編成で、5編成が対象です。増2号車と増3号車の吊り手に、2020年度投入予定のE235系、現在の主力形式のE217系、そして歴代の形式である113系と70系のイラストが描かれたステッカーを貼り付けます。掲出期間は6月上旬から9月下旬頃までです。

さらに、6月上旬から6月下旬までの予定で、いずれかの1編成の編成中の1カ所に「ハート型吊り手」を2本取り付けます。

期日: 2019/06/06から

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)