JR東海、飯田線全通80周年を記念して8月19日と20日に臨時列車を運転

ニュース画像:80周年秘境駅号、80周年アルプス号のヘッドマーク - 「JR東海、飯田線全通80周年を記念して8月19日と20日に臨時列車を運転」
80周年秘境駅号、80周年アルプス号のヘッドマーク

©JR東海

JR東海では、2017年8月20日(日)に飯田線が全通80周年を迎えることから、8月19日(土)と8月20日(日)に臨時列車を運転し、各列車の始発駅では出発式を、終着駅の飯田駅では出迎えを行います。また、それぞれの列車には、社員がデザインしたヘッドマークが掲出されます。

運転される列車は、急行「飯田線80周年秘境駅号」と快速「飯田線80周年アルプス号」の2列車です。このうち、急行「飯田線80周年秘境駅号」は豊橋9時50分発飯田15時30分着で運転します。途中、秘境駅として知られる小和田、中井侍、伊那小沢、為栗、田本、金野、千代に6分から14分程度停車し、記念撮影等ができる時間が設定されています。また車内では、乗車証明書、沿線自治体のパンフレットの配布や、特産品の販売などが行われます。なお、車両は373系の3両編成です。

快速「飯田線80周年アルプス号」は、伊那市13時26分発飯田15時28分で運転され、停車駅でノベルティの配布や、ゆるキャラのお出迎え、特産品の販売などが行われます。なお、車両は313系の3両編成です。

また両列車の発車する豊橋駅と伊那市駅では、8月19日(土)の出発10分前から出発式が、終着駅の飯田駅では、両列車の到着する15時30分頃から出迎え式が実施されます。

詳しくはJR東海のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/08/19 〜 2017/08/20

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ