箱根登山鉄道、最後の「つりかけモーター」車の引退記念イベントを実施

ニュース画像:引退するモハ1形 - 「箱根登山鉄道、最後の「つりかけモーター」車の引退記念イベントを実施」
引退するモハ1形

©箱根登山鉄道

箱根登山鉄道は2019年7月20日(土)に、「モハ1形(103-107編成)引退記念さよならイベント」を開催します。場所は入生田車庫内特設会場で、時間は10時30分から14時30分までの予定です。

「103号‐107号」は、同社の前身である小田原電気鉄道が、箱根湯本~強羅間の鉄道線が開業した1919年に投入した「チキ1形」をルーツに持つ車両です。木造車体の鋼体化改造、複電圧化改造、形式称号変更を経て、100年間活躍してきましたが、7月19日(金)を最後に運行から撤退します。

今回のイベントでは、「103号‐107号」を車庫内に展示し、外観の撮影や、車内見学ができます。また、メッセージ寄せ書きコーナーや引退記念グッズ、箱根登山鉄道オリジナルグッズを販売する物販コーナーが設けられます。入場料は無料です。

なお、当日は「103号‐107号」の車両走行や運行は行われません。

期日: 2019/07/20

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ