京都丹後鉄道に新型車両、KTR300形が5月18日運行開始

ニュース画像:新型車両 KTR300形 - 「京都丹後鉄道に新型車両、KTR300形が5月18日運行開始」
新型車両 KTR300形

©WILLER TRAINS

京都丹後鉄道は2019年5月18日(土)から、新型車両のKTR300形の運行を開始しました。1996年に登場したKTR8000形以来、23年ぶりの新形式となります。

KTR300形は、1988年の宮福線の開業時に登場したMF100形・MF200形の後継車として製造されました。今回登場した車両のコンセプトは「丹後の自然と歴史と伝説」で、ボディカラーには歴史と伝説の華やかさを表現した鳶赤色を採用、海のさざ波をイメージした太さの異なる三本の金帯が入っています。

既存の普通車両の座席数が27席を提供していますが、新型は41席に増席しています。ロングシートと転換シートの2種類を配置し、このうち転換シートの各座席にUSBポートが配置され、スマートフォンなどの端末の充電が可能です。また、多機能トイレを備え、車椅子やベビーカーの利用者にも配慮されています。このほか、耐雪ブレーキを搭載し、雪の多い同社線での安全性に考慮した装備が充実しています。

京都丹後鉄道の運行は、WILLER TRAINS(ウィラートレインズ)が担当しており、同社が使用する線路や車両は、北近畿タンゴ鉄道が保有しています。「KTR300形」も、従来の車両と同様、北近畿タンゴ鉄道が保有する車両で、2022年までに順次、4両が導入されます。

期日: 2019/05/18から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ