横浜市営地下鉄ブルーライン、6月10日10時から運行再開

横浜市交通局は2019年6月10日(月)10時から、ブルーラインの運転を全線で再開しました。同線は6月6日(木)5時22分頃、下飯田駅付近で湘南台発あざみ野行きの始発電車が脱線する事故が発生しました。この事故では6両編成のうち、最後尾車両を除く5両が脱線しています。

復旧作業は、6月7日(金)7時30分の段階では、6月9日(月)の始発電車から、運転を再開する見込みとされていました。ところが、先頭から2両目と3両目に連結されていた4号車と5号車は、バラスト内に車輪が沈み込んでいたことから、車体が傾きトンネル側壁に接近、作業空間の確保が困難であったため、レール上に車両を戻す作業が難航しました。また、先頭の6号車の台車にひずみがあることが判明するなど、車両基地までの搬送にも耐えられない可能性も懸念され、搬送方法の検討に時間を要しました。

作業は6月9日(日)12時45分までに、脱線車両5両すべてのレール上への引き上げを完了、6月10日(月)2時に、軌道工事および集電用サードレールの復旧工事が完了しています。

6月10日(月)の運転状況は、日中時間帯が湘南台~あざみ野間で概ね8分間隔、夕方のラッシュ時間帯が湘南台行きと踊場行きの交互運行で、湘南台~踊場間は概ね12分間隔、踊場~あざみ野間は概ね6分間隔です。快速は、終日運休です。通常時より本数が少なく、湘南台駅の2番線に事故車両を暫定留置しており、運転本数を確保できないためです。

ダイヤ乱れが継続していることから、東急線の横浜~自由が丘間、自由が丘~溝の口間、二子玉川~長津田間、京急線の横浜~横須賀中央および新逗子間、相鉄線の横浜~湘南台間、みなとみらい線の横浜~日本大通り間、小田急線の藤沢~大和間、バス各社で振替輸送も継続しています。

明日、6月11日(火)は、始発から全線で運行する予定ですが、運行間隔は未定です。

期日: 2019/06/10から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)