「グランクラス」、7月から9月までの軽食メニューと茶菓子を発表

ニュース画像:北陸新幹線上りの新メニュー - 「「グランクラス」、7月から9月までの軽食メニューと茶菓子を発表」
北陸新幹線上りの新メニュー

©JR東日本

JR北海道、JR東日本、JR西日本と、JR東日本のグループ企業で、東北・北海道、北陸の各新幹線の「グラングラス」において、アテンダント業務を担当する日本レストランエンタプライズの計4社は、「グランクラス」で2019年7月から9月に提供する軽食メニューと茶菓子を発表しました。

軽食は、東京・神宮前に店舗を構える⽇本料理「⼀凛」の店主、橋本幹造さんが、沿線の地域⾷材を取り入れたメニューを、季節に合わせ、3カ月ごとに監修しています。今回は「グランクラス」の軽食で初めてとなる、富⼭伝統の「押し寿司」と「てまり寿司」を提供します。「押し寿司」は北陸新幹線の上り列車、「てまり寿司」は東北・北海道新幹線の下り列車のメニューです。

茶菓子は、クルーズトレイン 「TRAIN SUITE 四季島」の総料理長で、「ホテルメトロポリタン エドモント」の料理監修も務める岩崎均さんが監修、沿線の素材を使用しています。今回は金沢市内で生産され「加賀野菜」にも認定されているさつま芋「五郎島⾦時」を、ダイスカットし蜜漬けのうえ⽣地に加えたパウンドケーキが提供されます。

■「グランクラス」7月~9月のメニュー
<東北・北海道新幹線(上り)>
・菜彩鶏照り焼き
・菜彩鶏そぼろ
・⽩飯(岩⼿県産⾦⾊の⾵)等

<東北・北海道新幹線(下り)>
・コハダ⼿まり寿司
・⽢海⽼⼿まり寿司
・中巻き寿司(岩⼿県産⾦⾊の⾵)等

<北陸新幹線(上り)>
・富⼭名産「源」ますのすし
・「源」ぶりのすし、
・「源」ますのいぶしすし、
・季節野菜のピクルス
・⽶(富⼭県産富富富)等

<北陸新幹線(下り)>
・若狭⽜すき煮
・もろこし真丈
・⽩飯(富⼭県産富富富)等

期日: 2019/07/01から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)