東武鉄道、 SL「大樹」運転開始記念乗車券を発売 8月10日から

ニュース画像:SL「大樹」運転開始記念乗車券 - 「東武鉄道、  SL「大樹」運転開始記念乗車券を発売  8月10日から」
SL「大樹」運転開始記念乗車券

©東武鉄道

東武鉄道は、2017年8月10日(木)からのSL「大樹」運転開始を記念し、2017年8月10日(木)から2017年10月9日(月)の期間、SL「大樹」運転開始記念乗車券を発売すると発表しました。

C11形207号機で運転されるSL「大樹」は、約半世紀ぶりとなるSLの復活運転として、東武鬼怒川線 下今市駅~鬼怒川温泉駅間の12.4キロメートルを約35分かけて運転するものです。

記念乗車券は、10,000セット限定で販売されるもので、鬼怒川温泉駅から浅草駅間の大人片道乗車券と、下今市駅から450円区間の小児片道乗車券がセットになっています。台紙にはSLの形式についての解説の他に、実際の編成画像も掲載されており、東上線各駅発売分については車掌車「ヨ8709」、東上線以外の各駅および東武グループツーリストプラザ発売分については車掌車「ヨ8634」、と異なる編成で掲載されます。

発売場所は下記の東武線55駅と東武グループツーリストプラザです。販売価格は1セット2,000円で、一人5セットまで購入可能です。購入日から2017年10月9日(月)までの期間、使用することができます。

商品の詳細など、詳しくは東武鉄道のウェブサイトを参照ください。

■ SL「大樹」運転開始記念乗車券 発売場所
浅草駅、とうきょうスカイツリー駅、曳舟駅、亀戸駅、北千住駅、西新井駅、竹ノ塚駅、草加駅、新越谷駅、北越谷駅、春日部駅、北春日部駅、東武動物公園駅、久喜駅、羽生駅、館林駅、足利市駅、太田駅、伊勢崎駅、佐野駅、新桐生駅、南栗橋駅、栗橋駅、栃木駅、新栃木駅、新鹿沼駅、下今市駅、東武日光駅、鬼怒川温泉駅、東武宇都宮駅、大宮駅、岩槻駅、七光台駅、野田市駅、流山おおたかの森駅、柏駅、新鎌ヶ谷駅、船橋駅、池袋駅、下板橋駅、大山駅、上板橋駅、成増駅、和光市駅、朝霞台駅、志木駅、ふじみ野駅、川越駅、川越市駅、若葉駅、坂戸駅、東松山駅、森林公園駅、小川町駅、武州長瀬駅

期日: 2017/08/10 〜 2017/10/09

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ