阪堺電気軌道がダイヤ改正、恵美須町~住吉間は大幅減便 堺市内は増発

ニュース画像:阪堺電気軌道の車両 - 「阪堺電気軌道がダイヤ改正、恵美須町~住吉間は大幅減便 堺市内は増発」
阪堺電気軌道の車両

©阪堺電気軌道

阪堺電気軌道は2019年7月20日(土)にダイヤ改正を実施します。今回は、堺市の支援により実施している均一運賃や高齢者割引などの効果で、天王寺~浜寺駅前間の利用者が増加傾向であることから、同区間を直通する電車が増発されます。一方で、大阪市内の阪堺線恵美須町~住吉間は、大幅な減便となります。

増発は、ラッシュ時間帯に行われます。平日の朝ラッシュ時間帯は、7時から9時の間に浜寺駅前を発車する天王寺駅前行きを12本から13本に増発、平日の夕方は、17時から20時に天王寺駅前を発車する我孫子道行きの2本を、浜寺駅前行きに区間延長し、同時間帯の運転本数を現行の15本から17本に増発します。これにより17時から19時までの間、浜寺駅前行きは10分間隔での運転となります。

大阪市内の阪堺線恵美須町~住吉間は、昼間の10時から16時にかけて、現行は12分間隔から24分間隔で運転していますが、交通量調査などの結果をもとに本数を見直し、24分間隔の運転に減便します。さらに最終電車は40分以上の大幅な繰り上げを行います。我孫子道発恵美須町行きの最終は、現行22時45分発ですが、22時4分発に変更、住吉発恵美須町行きを22時50分から22時9分に変更します。恵美須町発我孫子道行きも、現行の23時12分発から22時29分発となり、大幅に繰り上がります。浜寺駅前から恵美須町に向かう場合、現行ダイヤでは、平日が22時7分発、土・休日が22時12分発が最終接続ですが、21時32分になります。

恵美須町方面から堺市方面に向かう場合、我孫子道で乗り換える必要がありますが、夕時間帯は接続時間の改善を図り、利便性の向上を図る方針です。

期日: 2019/07/20から

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ