富士急行、特別デザインの開業90周年記念車両を6月22日から運転

ニュース画像:開業90周年記念車両 - 「富士急行、特別デザインの開業90周年記念車両を6月22日から運転」
開業90周年記念車両

©富士急行

富士急行は2019年6月22日(土)から、「富士急行線開業90周年記念車両」の運行を開始します。

記念車両は、1929年6月19日の大月~富士吉田(現:富士山)間23.3キロメートル区間の開業より90周年を迎えることを記念して運転開始します。

外観は市松柄とグラデーションの和モダンを基調とし、世界遺産「富士山」の雄大で優美な姿を金色で表現したデザインです。内装の床やつり革などに木材が使用されているほか、カーテンとモケット(シート布地)には富士山柄をあしらったオリジナルデザインが使用されています。

車内には大型のキャリーケースを収納することのできる荷物棚を富士急行線では初めて設置しており、富士山エリア観光に訪れる利用者のさらなる利便性向上を図っています。

車両は、JR東日本で運行されていた205系電車を譲り受け、改造を施したもので、富士急行での車両型式は6000系、記念車両の編成数は3両編成の1編成です。運行は、富士急行線の大月~河口湖間を主に普通列車として運行します。

期日: 2019/06/22から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ