小田急の路線をプラレールで再現、走行可能なイベントを開催

ニュース画像:レイアウトのイメージ - 「小田急の路線をプラレールで再現、走行可能なイベントを開催」
レイアウトのイメージ

©小田急電鉄

小田急電鉄は2019年7月30日(火)、「でんしゃで遊ぼう!」を開催します。このイベントは、同社発行の「OPクレジットカード」会員を中心に「学び」と「旅」を提案する企画「小田急まなたび」の一環として実施されます。

「小田急まなたび」は、同社沿線地域の生産者や大学と連携し、知的好奇心に応える学びの場を提供するさまざな企画を開催しています。今回は、電車のおもちゃを通じ、親子で参加できる特別企画とした、ウェブサイト「プラレールの宿」の松岡純正さんが全面的に設営に携わり、小田急線の路線をプラレールを再現します。再現したプラレールの線路には、持参した電車を走らせることができ、小田急線の世界と鉄道が楽しめる内容となっています。

会場は、喜多見駅最寄りの小田急研修センターで、開催は9時30分から11時までの「第1部」、11時30分から13時までの「第2部」、13時30分から15時までの「第3部」の3部構成です。「第3部」の参加者は、イベント終了後、レールの片付けも参加できます。参加費は、2歳以下の乳幼児は無料、3歳以上は一律で「OPクレジットカード」の会員が1,000円、会員以外が1,500円です。

参加申込は、「小田急まなたび」のウェブサイトまたは、電話で行います。締切は7月21日(日)までですが、定員は各回200名で、人数に達し次第、締め切ります

期日: 2019/07/21まで

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ