神戸電鉄と神戸親和女子大学、「地域連携と相互協力に関する協定」締結

神戸電鉄は2019年6月20日(木)、鈴蘭台駅の最寄りにキャンパスを構える神戸親和女子大学と「地域連携と相互協力に関する協定」を締結しました。両者は相互連携を強化し、地域の活性化に資する活動を協力して推進します。

この協定により、神戸親和女子大学は、地域貢献のフィールドを神戸電鉄の沿線にも拡張し、学生や教員の教育・研究活動の充実につなげ、地域社会を意識した取り組みを展開します。神戸電鉄は、神戸親和女子大学が行う学術研究・教育活動・人材育成に協力し、連携・協力を通じ学生や子育て世代など若い世代の視点を事業運営に活用、沿線地域の更なる活性化に取り組みます。

構想する具体的な事例は、神戸電鉄沿線の新たな魅力発見プロジェクトの発足、神戸電鉄が主催するイベントなどへ学生ボランテイアの派遣や大学との共催、大学が主催するイベントを神戸電鉄各駅で広報協力、神戸電鉄が実施するインターンシップに神戸親和女子大から学生受け入れなどです。

協定の有効期間は1年間で、相互に申し入れがない場合、1年更新を継続します。

期日: 2019/06/20から

ニュースURL

あなたにとって普段の写真でも、見たい人がいます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ