福岡市営地下鉄、博多祇園山笠に合わせラッピング電車や臨時列車を運転

ニュース画像:「山笠号」車体ステッカーイメージ - 「福岡市営地下鉄、博多祇園山笠に合わせラッピング電車や臨時列車を運転」
「山笠号」車体ステッカーイメージ

©福岡市交通局

福岡市交通局は、博多の伝統行事「博多祇園山笠」の時期にあわせ、ラッピング電車や臨時列車を運転します。

ラッピング電車は、山笠をイメージしたステッカーを車両に施した特別列車「走れ!山笠号」です。この列車の運行期間は、2019年7月1日(月)から7月15日(月・祝)午前中までの予定です。

また、追山笠が行われる7月15日(月・祝)の早朝には、始発電車の走る前の3時台から6時台頃まで、臨時列車が運転され、4時59分頃から始まる1番山笠の櫛田神社入りが見学できるように対応します。臨時列車は、空港・箱崎線、七隈線の両線で、合計34本運行されます。

また、中洲川端駅に設置している「山笠コーナー」のデザインも、7月1日(月)から、昨年の一番山笠「西流」をデザインした写真に変更となります。

期日: 2019/07/01 〜 2019/07/15

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ