湘南モノレール 、QR決済サービス「AliPay」導入で訪日客に対応

湘南モノレールは2019年7月1日(月)から、世界最大級のQR決済サービス「AliPay(アリペイ/支付宝)」の運用を開始しました。外国人旅行客の中でも大きな割合を占める中国人利用者の利便性向上のために、新たなQR決済サービスとして「AliPay」を導入するものです。

「AliPay」とは「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」が提供し、9億人の中国人が利用するWeChatPay(微信支付)と並ぶシェアを誇る中国のオンライン決済サービスです。中国人観光客のインバウンド需要を取り込むべく、徐々に日本のデパートやコンビニエンスストアなどでも利用できる店舗が増えてきています。

湘南モノレールによるAliPay導入窓口は、大船駅定期窓口、大船駅グッズ販売窓口、湘南江の島駅窓口、湘南ボウルの4カ所です。

期日: 2019/07/01から

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ