箱根登山鉄道、最後の「つり掛け車」引退記念台紙を配布

ニュース画像:台紙デザイン - 「箱根登山鉄道、最後の「つり掛け車」引退記念台紙を配布」
台紙デザイン

©箱根登山鉄道

箱根登山鉄道は2019年7月19日(金)10時から、同社最後の「つり掛け車」であるモハ1形「モハ103‐モハ107」の引退記念台紙を配布します。

配布は、箱根登山電車の各駅での硬券入場券の購入者を対象に実施されます。硬券入場券の価格は130円です。小田原駅と塔ノ沢駅を除く各駅の窓口で、販売箇所と同じ駅の入場券が販売されます。小田原駅の入場券は箱根板橋駅で、塔ノ沢駅の入場券は箱根湯本駅で取り扱われます。

引退台紙は、「モハ103‐モハ107」の写真が使われており、各駅ごとに異なるデザインが採用されています。配布枚数は各駅100枚です。硬券入場券は、多くの利用者に台紙を配布するため、1人あたりの販売数は2枚までと制限されています。

期日: 2019/07/19から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)