西武秩父線開通50周年、来春までセレモニーやイベントなど記念企画

西武鉄道は、2019年7月14日(日)から2020年3月まで、「西武秩父線開通50周年記念キャンペーン」を実施します。西武秩父線の開通と同時に運行を開始した特急電車が10月14日(月・祝)に 50周年を迎えることを記念し実施するものです。

開通50周年を記念し10月に記念セレモニーを予定しているほか、7月から順次「西武秩父線 50th×プラレール 60th 特別企画」、「特設 Web サイトの開設」、「記念乗車券の発売」、「各種イベント」など様々な取り組みを実施します。特急電車の運行開始50周年を記念したプロモーションも展開する予定です。

西武秩父線は、1967年7月19日に建設工事を着工し、およそ2年3ヶ月の工期を経て、1969年10月14日に、当時私鉄最長とされた長さが4.8キロメートルの「正丸トンネル」で山を貫き、埼玉県飯能市「吾野」駅と秩父市「西武秩父」駅とを結ぶ19.0キロメートルの路線として開通しました。

期日: 2019/07/14から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ