ICOCA利用エリア、2021年春に北近畿で拡大

ニュース画像:利用拡大エリア - 「ICOCA利用エリア、2021年春に北近畿で拡大」
利用拡大エリア

©JR西日本

JR西日本は2019年7月9日(火)、ICカード乗車券「ICOCA」の利用エリアを2021年春に拡大すると公表しました。

今回公表された拡大エリアは、福知山線の丹波大山~福知山間の各駅、山陰線の船岡~胡麻間の各駅と綾部駅、和田山駅、八鹿駅、江原駅、豊岡駅、城崎温泉駅です。また、舞鶴線の西舞鶴駅、東舞鶴駅、播但線の生野駅、竹田駅でも利用可能となります。

いずれの駅も、ICOCAのほか、全国相互利用対象のICカード乗車券であるKitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCAを利用することができます。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ