JR東、ラグビーW杯に合わせ臨時列車 案内体制も充実

ニュース画像:熊谷駅 正面口駅前 - 「JR東、ラグビーW杯に合わせ臨時列車 案内体制も充実」
熊谷駅 正面口駅前

©JR東日本

JR東日本は、2019年9月20日(金)から11月2日(土)に開催されるラグビー国際大会に合わせ、臨時列車の運転、案内サインの整備、案内体制の充実に取り組みます。

臨時列車は、競技が開催される横浜、熊谷、釜石の3会場の試合開始、終了に合わせ運転します。横浜では、試合開催の計7日間、横浜線で延べ80本程度の臨時列車を運転します。

熊谷では、9月24日(火)の試合開始、終了に合わせ、上越新幹線の臨時列車を運転します。また、試合終了時刻に熊谷駅の臨時停車に加え、高崎線と山手線でも臨時列車を運転します。

釜石会場は、試合開催日の9月25日(水)と10月13日(日)に東北新幹線で臨時列車を運転します。試合当日だけでなく、前日、翌日に釜石線で臨時列車を運転し、定期列車の一部を増結します。

海外からの旅客がスムーズに利用できるよう3会場の最寄駅の熊谷、新横浜、小机の各駅では駅構内の案内サインを整備し、外国語による案内の充実にも取り組んでいます。また、競技会場の最寄り駅には試合開催日に外国語で案内できるスタッフも配置します。

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)