桜木町駅付近の東横線跡地、歩道として開放へ 廃線から15年目で

ニュース画像:歩道の様子 - 「桜木町駅付近の東横線跡地、歩道として開放へ 廃線から15年目で」
歩道の様子

©横浜市

横浜市は2019年7月16日(火)12時から、桜木町駅付近の東横線跡地を、歩行者専用道路として開放します。

歩道として開放されるのは、桜木町駅西口広場付近から紅葉坂交差点までの約140メートルの区間です。この場所はかつて、東急東横線の桜木町〜高島町間の線路が敷設されていましたが、2004年に廃止されました。以降は横浜市が跡地を買取り、遊歩道として整備を進めていました。

今回供用開始される区間は、横浜市が進める「東横線跡地整備事業」の一部で、全ての遊歩道が完成すると、総延長は約1.8キロメートルとなります。

期日: 2019/07/16から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)