相鉄・JR直通線、JRからは埼京線のE233系が乗り入れへ

ニュース画像:埼京線用のE233系 - 「相鉄・JR直通線、JRからは埼京線のE233系が乗り入れへ」
埼京線用のE233系

©RailLab ニュース

JR東日本と相模鉄道は、2019年11月30日(土)から「相鉄・JR直通線」の運行を開始しますが、このたび、運行計画の概要を発表、使用車両について明らかにしました。

この路線は、相鉄線の西谷駅から分岐し、新駅「羽沢横浜国大駅」を経由、JR武蔵小杉駅までの区間を結ぶものです。相模鉄道からは、直通線向けに4月に導入した12000系が乗り入れます。JR東日本からは、埼京・川越線用のE233系が乗り入れる計画です。

相鉄12000系は、「安全×安心×エレガント」をコンセプトに、前方監視カメラと車内防犯カメラを相鉄では初めて採用した車両で、すでに4月20日(土)から営業運行に投入されています。

期日: 2019/11/30から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)