「せとうち」を表現した新たな観光列車、2020年秋に登場

ニュース画像:新たな観光列車、外観イメージ - 「「せとうち」を表現した新たな観光列車、2020年秋に登場」
新たな観光列車、外観イメージ

©JR西日本

JR西日本は2020年秋ごろ、宮島口~尾道駅間の呉線、山陽線に新たな観光列車を導入します。使用車両はキハ47系気動車2両編成で、外観は瀬戸内海の青と海岸線から見える波の白など、「せとうち」を表現したデザインを採用します。発着駅、停車駅など詳細は順次、決まり次第、公表されます。

新たな観光列車は、2020年10月から12月に開催する「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」に向けて、広島県内の各地域に加え、岩国市、今治市、上島町、松山市、倉敷市と連携し、沿線の魅力のPR、地域活性化に取り組む活動です。

この新たな列車導入に伴い、「瀬戸内マリンビュー」は運行を終了します。運行終了日の詳細は改めて発表します。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

  • ニュース画像:新たな観光列車、外観イメージ

    新たな観光列車、外観イメージ

    ©JR西日本

  • ニュース画像:新たな観光列車、内観イメージ

    新たな観光列車、内観イメージ

    ©JR西日本

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ