東京メトロ、東京2020大会の最寄駅でオフピークプロジェクト

ニュース画像:オフピークプロジェクト - 「東京メトロ、東京2020大会の最寄駅でオフピークプロジェクト」
オフピークプロジェクト

©東京メトロ

東京メトロは2019年7月22日(月)から、「東京2020大会会場最寄駅オフピークプロジェクト」を実施します。

これは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の大会期間中、特に混雑が予想される東京ベイゾーン、オリンピックスタジアムエリアを対象に、「オフピーク通勤(通学)」に協力してもらうことを目的とした取り組みです。朝ラッシュのピーク前後の時間帯に対象駅の自動改札機で出場することで、メトロポイントクラブでポイントが進呈されます。

対象は、新木場駅、辰巳駅、豊洲駅、月島駅、外苑前駅、青山一丁目駅、北参道駅、明治神宮前駅です。期間は7月22日(月)から8月2日(金)、8月19日(月)から8月30日(金)までの20日間です。これは東京都が実施している、東京2020大会の交通混雑緩和に向けた交通需要マネジメント(TDM)やテレワーク、時差Bizなどの取組を一体的に推進しているスムーズビズの集中取組期間となります。

また、九段下駅、竹橋駅の日本武道館エリアでは、テストイベントの開催に合わせて、競技時間前後の駅構内の混雑を緩和することを目的として、競技前及び競技後の混雑時間帯の前後1時間に、対象駅の自動改札機で入出場することで、メトポでポイントが進呈されます。

期日: 2019/07/22 〜 2019/08/30

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)