大宮駅と浦和駅、東北地方の産直市を開催

JR東日本大宮支社は2019年7月下旬、大宮駅と浦和駅で東北地方の産直市を開催します。東北の夏祭りにあわせ、「地域再発見プロジェクト」の催しです。

大宮駅の西口イベントスペースでは7月25日(木)から7月27日(土)までの3日間、「あきた産直市」が開催されます。夏限定の純米吟醸酒「ひまわり」や、秋田県産の枝豆などが販売されます。また、ミニ竿燈となまはげ面の展示、西馬音内(にしもない)盆踊りの生演舞も披露されます。

浦和駅の東西連絡通路では、7月27日(土)から7月31日(水)までの5日間、「岩手のてっぺん二戸フェア」が開催されます。「うるし蜂蜜」や工芸品の漆器など、二戸市の特産品が販売されます。また、7月28日(日)には、盛岡さんさ踊りの生演舞が披露されます。

■地域再発見プロジェクト
<大宮駅>
7月25日(木) 17:00〜20:00
7月26日(金) 10:00〜20:00
7月27日(土) 10:00〜17:00
<浦和駅>
7月27日(土) 17:00〜20:00
7月28日(日) 10:00〜20:00
7月29日(月) 10:00〜20:00
7月30日(火) 10:00〜20:00
7月31日(水) 10:00〜17:00

期日: 2019/07/25 〜 2019/07/31

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)