JR浜松町駅、7月24日に混雑緩和検証 周辺企業で休暇やテレワーク

ニュース画像:JR東日本 - 「JR浜松町駅、7月24日に混雑緩和検証 周辺企業で休暇やテレワーク」
JR東日本

©RailLab ニュース

JR浜松町駅で2019年7月24日(水)、鉄道混雑緩和に向けた検証が実施されます。

東京2020オリンピック・パラリンピックの開会1年前を契機として、東京ガスとJR東日本が共同で実施する取り組みです。駅近隣企業に、7月24日(水)の休暇取得や時差出勤、テレワークなどを求め、混雑緩和の効果があるか調査します。

JR東日本は、「午前8時台の10パーセント程度の混雑緩和」を目標としており、当日の改札機器の利用状況を調査する計画です。検証には、川崎重工業、昭和電工、東京ガス、東芝、富士通が協力します。

浜松町駅は、競技会場への移動や、羽田空港から都心にアクセスする際の主要な乗換駅で、大会時は大井ホッケー競技場へ観戦に向かう利用者の乗り換えが想定されています。特に、午前8時台はさらなる混雑が見込まれています。

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)