名古屋鉄道、中国語簡体字と韓国語でも運行情報を配信

名古屋鉄道は2019年7月24日(水)13時から、運行情報の対応言語について、中国語の簡体字と韓国語の2言語を追加します。これにより、現行の日本語、英語とあわせ4言語で対応します。

運行情報の配信は、ウェブサイトで行っているほか、Twitterのアカウントを開設しています。中国語の簡体字、韓国語のTwitterアカウントも同時に運用を開始します。

名古屋鉄道が運営するTwitterアカウントは、列車の運行に概ね30分以上の遅延などが発生した場合、情報を配信しています。

期日: 2019/07/24から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ