JR東日本、山梨市駅を橋上駅舎に建て替えへ 2020年度完成を予定

画像:山梨市駅 北口完成イメージパース
山梨市駅 北口完成イメージパース

©JR東日本 八王子支社

JR東日本八王子支社と山梨市は、2017年8月28日(月)、中央線の山梨市駅を新駅舎に建て替えると発表しました。

新駅舎は鉄骨造の地上3階建て、現在の駅舎を取り壊して橋上駅舎として建設されます。また、新駅舎に併設する形で南北自由通路も整備され、南北往来の利便性向上が図られます。橋上駅舎、南北自由通路ともに多機能トイレが設置される予定です。

新駅舎建設の工期は、2017年9月から2020年度までの予定で、現在の駅舎の場所で工事が実施されるため、2018年1月からは、仮駅舎が設置されます。工期や工事内容の詳細など、詳しくはJR東日本八王子支社のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)