関東鉄道、夏制服を26年ぶりにリニューアル

ニュース画像:新制服 - 「関東鉄道、夏制服を26年ぶりにリニューアル」
新制服

©関東鉄道

関東鉄道と関鉄観光バス、関鉄パープルバス、関鉄グリーンバスは、2019年8月16日(金)から、鉄道現業員とバス現業員の夏季の制服を一新します。これは1993年以来、26年ぶりのリニューアルです。

このリニューアルは、いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会や、東京2020オリンピック・パラリンピック開催を機に、他県や海外から来る利用者を新制服で出迎えようと企画されたものです。

現行の白地の開襟シャツから、ボタンダウンシャツに一新され、白地にブルーとグレーの柄でスマートな装いとしたオリジナルデザインとなっています。左上腕部には社名ロゴが刺繍で織り込まれ、気性の高い形態安定加工の生地を採用、襟裏には汗染み防止加工を施し、より機能性が高められています。

着用期間は年によって変更しますが、2019年は10月15日(火)までの着用です。

期日: 2019/08/16から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ