近畿車輌、京都市交通局の烏丸線に導入する新型車両を受注

ニュース画像:示されているデザイン案 - 「近畿車輌、京都市交通局の烏丸線に導入する新型車両を受注」
示されているデザイン案

©京都市交通局

近畿車輌は2019年9月6日(金)、京都市交通局が烏丸線に導入する新型車両を受注したと発表しました。烏丸線の新型車両は、2021年度から2025年度にかけて6両編成を9編成、54両が納入される予定で、京都市交通局は新型車両への更新に着手していました。

車両の外観、内装デザインの3案について、市民や利用者からの投票を受け付け、最も得票数の多い案を最終デザインとして決定しました。外観デザインは、近未来的なイメージで前面の造形に曲面を多用し、内装は華やかで雅なカラーデザインが採用されています。

なお、新型車両は、2021年度末に1編成目の導入が計画されています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ