京急、空港線で「羽田みらいきっぷ」を販売 10月1日から

ニュース画像:「羽田みらいきっぷ」対象区間 - 「京急、空港線で「羽田みらいきっぷ」を販売 10月1日から」
「羽田みらいきっぷ」対象区間

©京急電鉄

京浜急行電鉄は2019年10月1日(火)から、企画乗車券「羽田みらいきっぷ」を販売します。京急の空港線糀谷、大鳥居、穴守稲荷、天空橋駅の4駅と、都営線各駅、京成線の成田空港、空港第2ビル、千原線を除く全駅、北総線の各駅間を割安な金額で乗車できる乗車券です。

羽田空港に隣接する天空橋駅を中心に、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業が展開されており、宿泊施設の整備が進み、2020年には第2旅客ターミナルビルの一部が国際線対応を開始するなど、空港線沿線で羽田空港関連の利用者が拡大する見込みです。

「羽田みらいきっぷ」は4駅発の都営線の日本橋行きは大人450円で、同じ区間の切符の470円、IC運賃の462円より割安に設定されています。京成線の京成成田行きは大人1,290円で、北総線の千葉ニュータウン中央行きは1,430円で、同じ区間の切符の1,320円よりそれぞれ30円割安です。

京急は羽田空港両駅と他社線に乗り継ぐ場合の割引運賃の設定、企画乗車券の販売など都心エリアと羽田空港間の利便性向上に取り組んでいます。空港線のさらなる活性化、需要喚起をめざし、「羽田みらいきっぷ」の発売で都心エリアと羽田空港間だけでなく、都心エリアと空港線沿線間の利便性向上に取り組みます。

期日: 2019/10/01から

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)