JR七尾線、521系を導入 2020年秋から

ニュース画像:七尾線の521系 イメージ - 「JR七尾線、521系を導入 2020年秋から」
七尾線の521系 イメージ

©JR西日本

JR西日本は2020年秋頃から、七尾線に521系を導入します。

七尾線は2019年現在、普通列車に413系と415系を使用しています。新しい521系の導入により、これらの車両を置き換える計画です。2両編成を15本、合計30両が導入されます。車内には車載型IC改札機が搭載され、七尾線の津幡~和倉温泉間がICOCA対応エリアとなります。

車体のデザインは、北陸線で運用している521系車両のデザインを継承しながら、七尾線の413系、415系と同じ「輪島の漆塗りを連想させる茜色」をラインカラーとして採用します。

新しい521系は、津幡~七尾間に投入される計画で、IRいしかわ鉄道線の金沢~津幡にも乗り入れる計画です。なお、IRいしかわ鉄道ではすでに、2015年にJR西日本から譲渡された521系5編成が運用されています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ