売るもの無いので「音」売ります!銚子電鉄が電車音や踏切音を配信

ニュース画像:コンプレッサー - 「売るもの無いので「音」売ります!銚子電鉄が電車音や踏切音を配信」
コンプレッサー

©銚子電鉄

銚子電気鉄道は2019年9月11日(水)から、電車、踏切などの「音」を、着信音として配信します。これまで「まずい棒」などアイディアを絞り、話題を呼ぶ商品を生み出してきましたが、「売るものが無くなってきたので、音売ります。」と今回の企画の意図を説明しています。

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスが運営する音楽配信サービスを通じた販売で、電車の走行音「ガタンゴトン」、ドアの開閉音「プシュー」、コンプレッサーの音「コンコンコンコンコン」、警笛「プフォー」、駅の発車ベル「ジリリリリ」、踏切の音「カンカンカン」などで、すべて新たに収録された音源です。

配信先は、音楽配信サービス「mysound」、「着メロ取り放題for au」、「着メロ取り放題 for App Pass」です。いずれも2000形の電車の音で、昭和の時代に都心で走行していた元京王電鉄の車両のため、懐かしい電車の音としても楽しむことができると銚子電鉄はPRしています。

なお、着信音をダウンロードするとプレゼントがもらえるキャンペーンも実施しています。プレゼントは、銚子電鉄で実際に使用されていたレールを10ミリメートルに切り出した「カットレール」で、抽選で5名に贈られます。

期日: 2019/09/11から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)