SLぐんま、旧型客車の内装を昭和レトロにリニューアル

ニュース画像:昭和初期の木目調となる旧型客車の普通車 - 「SLぐんま、旧型客車の内装を昭和レトロにリニューアル」
昭和初期の木目調となる旧型客車の普通車

©JR東日本

JR東日本高崎支社は、2020年4月から6月に開催される群馬デスティネーションキャンペーンに向け、SLぐんまが牽引する旧型客車の内装をリニューアルします。新しい車内は、「会話がはずむ列車」をコンセプトに、車内の楽しみ方を提案します。

リニューアルは、昭和初期の木目調の雰囲気を演出し、旧型客車7両のうち1両を「ラウンジカー」とします。客車の内装は、昭和初期のレトロな雰囲気を感じながら、「まなび」や「あそび」をきっかけに会話を楽しめるとしており、そのきっかけとなる「SLぐんまリーフレット」を小学生以下の子どもたちと乗車するグループに配布するサービス展開などを計画しています。

「ラウンジカー」は、乗客がフリースペースとして利用でき、サービスカウンターをはじめ、ロングテーブル席、ボックス席を設けます。この車両では、グループでかるた遊びなどができるイベントを実施する予定です。

現行の旧型客車の運行は10月28日(月)まで、内装リニューアル後の旧型客車での運転日は2020年4月以降を予定しています。運転区間は、「SLぐんま みなかみ」が高崎~水上間、「SLぐんま よこかわ」が高崎~横川間です。

なお、リニューアル後の旧型客車の運転日は、2020年1月下旬ごろに公表する予定で、イベント開催の予定などはJR高崎支社のホームページやぐんま旅と鉄道の情報誌「Gatan」で詳細が決まり次第、公表します。

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ