千駄ヶ谷駅、10月27日から新駅舎に

ニュース画像:改札内コンコース イメージ - 「千駄ヶ谷駅、10月27日から新駅舎に」
改札内コンコース イメージ

©JR東日本

JR東日本は2019年10月27日(日)初電から、千駄ヶ谷駅の新駅舎を供用開始します。

新駅舎は、改札口の移設とコンコースを拡張し、混雑緩和を図る目的で建設されているものです。拡張された旅客トイレが2月、先行して供用開始されています。

10月27日(日)から供用が開始されるのは、新改札口と拡張コンコースを含む新駅舎全体です。仮設設備の撤去は12月20日(金)、駅前広場の整備は2020年2月頃に完了する予定で、2020年3月22日(日)から新しい新宿方面専用ホームが運用開始されます。

期日: 2019/10/27から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ