東海道・山陽新幹線の定期券、交通系ICカードで発売 2021年春

ニュース画像:東海道新幹線 - 「東海道・山陽新幹線の定期券、交通系ICカードで発売 2021年春」
東海道新幹線

©RailLab ニュース

JR東海、JR西日本、JR東日本の3社は、2021年春から東海道・山陽新幹線の定期券を交通系ICカードのSuica、TOICA、ICOCAで発売します。

交通系ICカードでの販売が始まるのは、東海道・山陽新幹線の東京~新岩国間の定期券で、これまでの磁気定期券も引き続き販売されます。通勤定期券「FREX」、通学定期券
通学「FREXパル」ともにICカードでの販売が始まります。

現在の新幹線定期券と同様に、在来線と新幹線を通じる定期券や、東海道新幹線と山陽新幹線をまたがる定期券も発売される予定です。

なお、JR東日本は、すでに東北・北陸・上越新幹線で「Suica FREX定期券」を発売し、ICカードに対応しています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ