JR北海道、函館線嵐山トンネルの覆工修繕工事が完了

ニュース画像:覆工コンクリートで補強した様子 - 「JR北海道、函館線嵐山トンネルの覆工修繕工事が完了」
覆工コンクリートで補強した様子

©JR北海道

JR北海道は、約3年にわたる函館線伊納~近文駅間の嵐山トンネルの覆工修繕工事が、2019年9月10日(火)に完了したと発表しました。

2015年12月27日(日)、嵐山トンネルにおいて、つらら防止用断熱防水板が出火する事象が発生し、同年12月29日(火)までに応急工事を完了、JR北海道は運転を再開していました。

この出火原因は、電車線からつらら防止用断熱防水板に高圧電流が流れ発火したと推定し、不燃化対策を施した断熱防水板による、復旧劣化の進行した覆工コンクリートの補強と、剥落防止工の設置工事を実施していました。

期日: 2019/09/10まで

ニュースURL

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ