日立、笠戸事業所からタイ国鉄バンコクレッドライン向け新型車両を出荷

ニュース画像:バンコクレッドライン向け新型車両 - 「日立、笠戸事業所からタイ国鉄バンコクレッドライン向け新型車両を出荷」
バンコクレッドライン向け新型車両

©日立製作所

日立製作所は2019年9月25日(水)、山口県下松市の笠戸事業所から、タイ国鉄バンコクレッドライン向け新型車両の出荷を開始しました。

新型車両は、2016年3月に三菱重工、住友商事と共同で受注した車両で、今回、6両の第1編成と4両の第2編成が完成しました。今後、2020年6月までに全25編成130両を出荷する計画です。

出荷された車両は10月中にタイへ到着し、2020年1月から走行試験を開始する予定です。バンコクレッドラインは、バンコク市中心部のバンスー駅を起点とし、北に26.4キロメートル、西へ14.6キロメートルにわたる新しい鉄道路線です。

ニュースURL

あなたにとって普段の写真でも、見たい人がいます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ