志国土佐 時代の夜明けのものがたり、4月18日から運行開始

ニュース画像:志国土佐 時代の夜明けのものがたり - 「志国土佐 時代の夜明けのものがたり、4月18日から運行開始」
志国土佐 時代の夜明けのものがたり

©JR四国

JR四国は、2020年春に「伊予灘ものがたり」、「四国まんなか千年ものがたり」に続く3本目のものがたり列車として高知~窪川駅間で運行する「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」について、運転開始日と時刻、食事内容などが決定したと発表しました。

運転開始日は、2020年4月18日(土)です。土日祝日と、7月以降の毎週金曜日に運転します。運転時刻と停車駅は、「立志の抄」が、高知駅12時4分発、窪川駅14時40分着、「開花の抄」は、窪川駅15時10分発、高知駅17時56分着で、いずれも途中土佐久礼駅に停車します。

食事は、「立志の抄」では、高知ならではの食材を洋風の調理で仕上げ、土佐の伝統郷土料理の「皿鉢風」に豪快に盛りつけた列車オリジナルの創作料理「土佐の食材を使った創作洋風料理~皿鉢風~」が、「開花の抄」では、沿線主要駅から、地域の逸品を提供するコース料理「高知家満喫『土佐流のおもてなし』コース」が提供されます。価格はいずれも5,000円で、これまでのものがたり列車同様、「食事予約券」の事前購入が必要です。

座席数は、2両編成で1号車「KUROFUNE」28席、2号車「SORAFUNE」19席の合計47席です。1号車には、3名から4名用のBOX席が16席、1名から利用できる「高知家の団らんシート」が12席、2号車には、2名で利用しやすい90度向かい合わせ席が10席、1名でも利用しやすいカウンター席が9席設置されます。

その他車内には、車いす席が2号車に1席、多目的トイレが2号車に1基、女性専用トイレが2号車に1基設けられるほか、JR四国無料公衆無線LANサービス、各座席コンセントの設置が予定されています。

乗車には、乗車券のほかに、特急券とグリーン券が必要です。運賃は、高知~土佐久礼駅間が大人3,610円、子供2,450円、高知~窪川駅間が大人3,970円、子供2,630円です。特急券と指定席グリーン券は、全国のみどりの窓口、主な旅行会社で、乗車の1か月前の10時から販売されます。

同列車では、アテンダントが「心のこもったおもてなし」を提供するほかに、車内での観光案内や「開花の抄」の食事の提供などで地元住民も「おもてなし」に参加、独特の方言や「他県から来た人も快く迎える」高知県の県民性で「土佐流のおもてなし」の実現を目指します。

期日: 2020/04/18から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ