常磐線各駅停車、2020年度末にATO導入 JR東日本初

ニュース画像:常磐線各駅停車のE233系 - 「常磐線各駅停車、2020年度末にATO導入 JR東日本初」
常磐線各駅停車のE233系

©JR東日本

JR東日本は、2020年度末に常磐線各駅停車へ自動列車運転装置(ATO)をを導入します。JR東日本として初のATO導入です。

ATOは、列車衝突や速度超過を防ぐ保安装置が許容する速度以下で、列車の加速・減速、定位置停止制御などを行う装置です。導入区間は綾瀬〜取手間で、ATO導入後にホームドアも整備されます。

JR東日本は、常磐線各駅停車へのATO導入により得られた知見を蓄積し、将来のドライバレス運転を目指した開発を進めていく計画です。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ