気仙沼線BRT「南気仙沼駅」の専用道上への移設に向けた駅舎工事を実施

ニュース画像:南気仙沼駅イメージ - 「気仙沼線BRT「南気仙沼駅」の専用道上への移設に向けた駅舎工事を実施」
南気仙沼駅イメージ

©JR東日本

JR東日本盛岡支社は、気仙沼線BRT「南気仙沼駅」の専用道上への移設に向けた駅舎の工事を実施します。工事着手は2019年11月中旬頃、開業は2020年春の予定です。

これは2020年春に予定している、気仙沼線BRT松岩~不動の沢駅間の専用道の供用開始に合わせ実施されるもので、BRT専用道上に乗降場、駅舎、ベンチを整備し、BRTロケーションシステムの駅モニターを設置します。なお、駅社員は配置しません。

また同社は2020年春、気仙沼線BRT松岩駅~南気仙沼駅間に「赤岩港駅(あかいわみなとえき)」を新設します。沿線自治体からの要望を踏まえた新設で、11月中旬ごろに工事に着手する予定です。

ニュースURL

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ