京都鉄道博物館、EF200形と日本通運のシキ800形を特別展示

ニュース画像:シキ800形貨車 - 「京都鉄道博物館、EF200形と日本通運のシキ800形を特別展示」
シキ800形貨車

©JR西日本

日本貨物鉄道と日本通運、京都鉄道博物館は、2019年11月16日(土)から11月24日(日)まで、EF200形式直流電気機関車と、シキ800形式貨車を特別展示します。展示場所は、京都鉄道博物館の本館1階「車両のしくみ」「車両工場」エリアです。

展示車両は、EF200形式直流電気機関車とシキ800形式大物車それぞれ1両です。EF200形式直流電気機関車は、東海道・山陽線で貨物列車をけん引し、今年3月のダイヤ改正で引退しました。また、シキ800形式貨車は日本通運が所有する貨車で、今秋に行われる貨物輸送を最後に引退します。なお、鉄道事業者以外の企業が所有する鉄道車両を京都鉄道博物館で展示するのは初めてです。

京都博物館の開館時間は10時から17時30分、休館日は毎週水曜日です。入館料は一般1,200円、大学生と高校生1,000円、中学生と小学生500円、3歳以上の幼児200円です。

期日: 2019/11/16 〜 2019/11/24

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ