JR貨物、「東京レールゲートEAST」新設へ WESTに隣接

ニュース画像:東京レールゲートEAST - 「JR貨物、「東京レールゲートEAST」新設へ WESTに隣接」
東京レールゲートEAST

©JR貨物

マルチテナント型物流施設第1弾の「東京レールゲートWEST」の建設を進めているJR貨物は、2019年10月16日(水)、第2弾となる「東京レールゲートEAST」について、WTO国際競争入札を実施し、実施設計・建設を行うこととなったと公表しました。

「東京レールゲートEAST」は、2020年2月の竣工に向け工事を進めている「東京レールゲートWEST」に隣接するもので、2棟を合わせた延床面積は合計約247,428平方メートルとなり、東京ベイエリア最大級の物流施設となります。2022年8月竣工予定です。

JR貨物は、「東京レールゲートWEST」、「東京レールゲートEAST」と鉄道コンテナ輸送を組み合わせた物流サービスで、「JR貨物グループ中期経営計画2023」に掲げる「総合物流企業への進化」を実現していく方針です。


■東京レールゲートEAST概要(予定)
・所在地:東京都品川区八潮3丁目(東京貨物ターミナル駅構内)
・延床面積:175,379㎡(53,052坪)
・賃貸面積:144,549㎡(43,726坪)
・規模構造等:鉄骨造・地上5階建て/免震構造

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ